パーソナルデザインロマンスタイプ、パーソナルカラーサマータイプ、骨格ストレートのホームページ

あま~いあま~いパーソナルデザインの話

ロマンスタイプ ロマンスタイプあるある

セクシーなものを引き寄せているわけではない

投稿日:

火のないところに煙は立つ、経験豊かなわけじゃない

セクシーなものは引き寄せていると言われるのは困ります。特に、スピリチュアルなかたに、そういうことを言う人が多いように感じていて、
「本当はみだらなことを求めているのです」とか言われると、
「やめて!冗談じゃない」と大きな声を出したくなってしまいます。

いまでこそ、ロマンスタイプって、けっして恋愛に対してギラギラはしていなくて、むしろ恋のライバルにはならない夢子ちゃんであるということを、多くの人に解っていただいているように思います。

でもパーソナルデザインが出てくるまでは、
「色気は経験から出てくるもの」と思われていたんですよね。

わたしを見ていて、想像がつくでしょうが、むしろ「経験豊か」からは程遠いタイプが多いのではないかと思います。

そりゃあ、変質者を引き寄せるのは、ある程度自分の責任でしょう。
でも、魅力のある異性に対して、相手が目をキラキラさせながら
「口説いてもいいですか?」っていうのは、誰であっても何タイプであっても、それをこっちの自己責任にされちゃたまらんのですよ。
気にしなければいいのでしょうが、嫌なものは嫌だって、判ってもらえないかなあ。
派手な服を着ているのは、100%自分のためだって、多くの人に解ってもらいたいなあ。

ある程度、埋もれるという手もあるけれど、それって例えば結婚していて、なんだかんだで家に帰れば夫が居て、守ってもらえる立場だからこそできることです。

未婚の若いお嬢さんに、特にロマンスタイプに、
「ある程度地味に」というのはむしろ危ないことを引き寄せるので、地味にもしないでほしいです。

徹底してメンズライクなロマンス服にしたらどうなるの?

メンズライクでありながら、光沢があるなど、ロマンスの領域に収めると、わたしの場合、おこがましいですが、りょうさんみたいに、ちょっと宝塚風の王子系になります。
なんか凛々しいし、むしろ妙な色気が出てしまうんですよね。昔はお姫様ではなく、王子様役が回ってくることが多かったです。
王子系にしていたら、特殊なかたに好かれたことがあるので、わたしとしては、これも避けたい、となります。



記事下広告


-ロマンスタイプ, ロマンスタイプあるある
-

広告

Copyright© あま~いあま~いパーソナルデザインの話 , 2019 All Rights Reserved.