全くパーソナルカラーではないのに似合う服がある理由は

パーソナルカラーと模様の色について

わたしが去年買ったワンピースです。
パーソナルカラーじゃないのに着られる理由
※ロマンスタイプの場合は、ボウタイは片方に寄せて、首元のボタンは開けて着るのがコツです。

色はオータムカラー、ベースはイエローベースです。ですが、全く問題なく着ることができます。それはなぜでしょうか。

とても基本的なことなのですが、サマータイプのわたしがこれを着ることができる理由は、模様がサマーカラーだからです。模様の青が引き立つようなコーディネートをすれば、さらに着やすくなります。

また、この服のトーンはサマータイプとオータムタイプに似合いやすく、スプリングタイプとウィンタータイプなら、もう少し布地に光が必要でしょう。

また、サマータイプのわたしでも、このワンピースがシフォンではなく、ニットだったら、難しいですね。顔色が沈み込んでしまうことでしょう。

パーソナルカラーとコントラストについて

さらに、模様と生地とのコントラストは、パーソナルカラー、デザインで似合う似合わないがあります。どんなに似合うパーソナルカラーのお洋服があったとしても、そこにコントラストの強いバラの花が描かれていれば、サマータイプ、ロマンスタイプのわたしには着にくくなります。逆に、色合いが今一歩でも、コントラストの強くない花柄が描かれていれば、ロマンスタイプが驚くほど引き立ちます。

ちょうどこんなドレスを買いました。
https://zozo.jp/shop/opaque-clip/goods-sale/51519818/?did=83179200
ベージュだなんて、名前だけ聞くとサマータイプには残念に感じますが、花模様のコントラストや、手書き風のところや、ぼんやりしている感じがとてもよく似合います。

見た感じ、おそらくピンクベージュで、ブルーベースの色かと思いますが、ブルーベースにとってベージュは100点にはならない色です。ですが、花柄の様子を見ると、100点が引き出せるドレスと言えます。

タイトルとURLをコピーしました