パーソナルデザインロマンスタイプ、パーソナルカラーサマータイプ、骨格ストレートのホームページ

あま~いあま~いパーソナルデザインの話

50歳からの曲線系おしゃれ ミニマリストにあこがれて ロマンスタイプ ロマンスタイプのファッション

寒くて寒くて、大雪を待たずに真冬ものに衣替えしました

更新日:

お婆ちゃんたちはなぜみんな、タートルネックを着ているのだろうと思っていました。自分がお婆ちゃんになったら、まあ、首元の寒いこと寒いこと!

もう少し秋を楽しみたかったのですが、もう真冬ものに切り替えることにしました。
にわかミニマリストのワードローブ、トップス
少ない・・・・・不安。超完璧なセーターがあと1枚だけ欲しいなあ。素材は大好きなモールヤーンで、色はわたしの手持ちの服によく合う紫色(くすみラベンダー)がいいな。
でも、今年は紫色があんまり売られていないんです。

期待して買ったこれは
薄手のモールヤーンのニット
寒くて寒くてだめだったので、春まで封印です。首回り空きすぎです。

最近投入したのはこれです。
アイスブルーのモールニット
アイスブルーは万能だけれど、わたしの手持ちのものとトーンが離れすぎるので、全部の服に合うわけではありません。今年はVネックもオフタートルも止めて、クルーネック一筋でいこうと思います。

スカートはこれらをチョイスしました。
にわかミニマリストの冬のワードローブ
向かって左二つは去年だいぶ着て、特に左から2番目の小豆色のスカートは、本当は捨てたほうが良いのですが、他に温かなスカートが無いので、まだ手元に置いています。

お婆ちゃんになると、タイツを履いても寒冷蕁麻疹になるので、タイツを履けばいいというのが、通用しなくなりました。

夏から着ているこれは
ロマンスタイプのプリーツスカート
裏地が無いので、ペチコートでの調整がしやすく、真冬も大丈夫そうです。わたしは絶対、裏地なし派です。ペラペラのポリエステルの裏地なんて要らないです。

向かって右から三番目のお友達に貰ったスカートはウールとキュプラの混紡という、奇跡のような生地で、本格的にお作り直しをして、一生着るつもりです。
ロマンスタイプのマキシスカート
とても丈夫なうえに高級感のある生地なんです。しかもとても暖かいのです。

今ではこんな生地は作られていないでしょう。
買った当時は10万円はしたのではないでしょうか。

もう一つお友達に貰ったこれはお洗濯中です。
ファッショナブルでキュートなパンツ
これも暖かいので冬じゅう着ようと思います。ちなみにこれはとても似合います。イエローベースですが、トップスにブルーベースを着るので、ちょうどいい抜け感になっています。冬に温かみを出してくれています。
自分では選ばないので、新鮮なのも良いです。

ボトムスのほうが多いというのは、不安なものです。トップス増やしたい。



記事下広告


-50歳からの曲線系おしゃれ, ミニマリストにあこがれて, ロマンスタイプ, ロマンスタイプのファッション
-,

広告

Copyright© あま~いあま~いパーソナルデザインの話 , 2019 All Rights Reserved.