パーソナルデザインロマンスタイプ、パーソナルカラーサマータイプ、骨格ストレートのホームページ

あま~いあま~いパーソナルデザインの話

パーソナルカラー

各パーソナルデザインごとのお得カラー

投稿日:

わたしが今からお話しすることは、例えば、診断の時に、
「スプリングかサマーか判断がつかなかった、同点だった」とか、
「パーソナルカラーとは違うのだけれど、いつも何となく使える色があるのだけれどどうして?」という時に、お顔立ちに似合う色かもしれませんよ、というお話です。

また、すべてのPDの画像を探しきれませんでしたので、いったんこれでUPしますが、いつかどこかで見つけたら画像を入れておきます。

お顔立ちの強さによって使える色、得意な色がある

それぞれのパーソナルデザインごとに、似合う色のお話をしようと思います。

ロマンスタイプ

ロマンスタイプはもちろん、サマーカラーです。その次にオータムカラーです。昔の絵画(ビーナスや裸婦像)などはほぼオータムカラーです。スプリングカラーとウィンターカラーはコントラストを出さないように、配色に気を付けると良いでしょう。
どのシーズンのカラーであっても、女性らしさを感じる色は似合います。

薄いお顔立ちから濃いお顔立ちまで、分布が広いため、一様に薄い色が得意です、とか濃い色が得意ですと言うのは無く、個人差が出ます。

全身落ち着いた色合いのものは、難しい場合があります。
優しいまなざし
お洋服に花の色が無い時は、唇に花を。

花を感じさせる色が得意。

ナチュラルタイプ

ナチュラルタイプはオータムカラーです。次に、どのシーズンのカラーであっても自然界にある色、おいしそうな色は似合います。色が濃いか薄いかはあまり関係ありません。
二つの色を合わせる時に、概ねボトムスが重い色のほうが落ち着きます。それさえ守ればシーズンを超えて使いこなせる人が多いです。
つまり、何を着ても何となく似合うため、お洋服に無頓着な人が多いように思います。これは、お顔立ちのバランスが良いからとも言えます。

森を感じさせる色が得意。

グレースタイプ

グレースタイプはウィンターカラーです。どのシーズンのカラーでも重みを感じる色は似合います。逆にウィンターカラーでも、ペールトーンに、さらにふわふわした素材など、軽さが出てくると難しくなるかと思います。
また、白やベージュは使いやすいけれど、ペールトーンは使いにくいと感じることもあるかもしれません。お顔立ちにある程度の強さがあるため、優しすぎる色は工夫が要ります。

淡い色を着る時はベーシックカラーが使いやすいです。

まじめな色が得意。

ファッショナブルタイプ

ファッショナブルタイプはウィンターカラーです。ですが、心行くまで、パーソナルカラーを超えて楽しむと良いかと思います。自分のシーズンだけで揃えると、むしろ物足りなくなってしまいます。
アバンギャルドさんとの違いは、若いうちから黒やグレーなどの落ち着いた色でも映えます。何色でもどんとこいな感じです。
お顔立ちがしっかりしているので、概ね濃い色が似合います。

都会的な色が得意。

フェミニンタイプ

フェミニンタイプはもちろん、サマーカラーです。ロマンスタイプよりも優しい色合いが得意です。得意な色相が、ロマンスタイプよりも2トーン、淡い色合いにずれる感じです。女性らしい色も、黒や白の落ち着いた色も得意です。
水色のように、溶け込む色が得意です。

空気を感じさせる背景カラーが得意。

キュートタイプ

キュートイプはスプリングカラー。パーソナルカラーが何であっても、ガーリッシュでも、ボーイッシュでも、アバンギャルドでも、絶対的にスプリングカラーがかわいいです。
ある程度大人に成るまで、背景カラーは似合わず、赤のように前面に見える色が似合います。

全身淡い色でも、ピリッと赤と青が効いています。どのシーズンの中にも、こういう効かせ色があるので、そういう色を活用してください。サマータイプの人だけ効かせ色に困ってしまうので、他のシーズンの色を使っても大丈夫です。

主役カラーが得意。

以上です。ぜひ、みんなで論議してみてくださいね。



記事下広告


-パーソナルカラー
-,

広告

Copyright© あま~いあま~いパーソナルデザインの話 , 2020 All Rights Reserved.